日替わりコラム
あかるいベランダ
五月晴れの清々しいお天気が続いていますが、いよいよ本年度初めての団体参拝練成会が近づいてきました。昨日は、しっかりとお休みをいただきました。注文していた荷物が宅急便で届くと言うことで、ほぼ一日中、自宅で団体参拝練成会のテキストの聖典を読ませて頂き、その合間に炊事や掃除などの家事をして過ごしました。

本を読んでいる時、ベランダで赤いゼラニュームが随分沢山の花をつけているのが目に入りました。このゼラニュームは数年前に、1束100円の切り花にしてあったのを近くの農産物直売所で買ったものです。ご先祖様におあげして花が枯れた後、ベランダのプランタにさしていたら、根がつきました。白やピンクもありましたが、3年たったら赤だけ残りました。本当は毎年挿し木にして手入れをするらしいのですが、そのままなのでベランダの手すりより高くなっています。

改めてゼラニュームの美しさに目を引かれ、谷口恵美子先生が作ってくださった聖歌「あかるい窓」を口ずさんでいました。そして、とても仕合わせな気持ちになり、写真を撮ることにしました。「赤いゼラニューム」の両サイドにぼんやり見えるのは「白いレースのカーテン」です。聖歌の通りのシチュエーションでシャッターを押したつもりでしたが、レースのカーテンはぼやけてしまいました。人間の目の方がよほど優秀なんですね。感謝しなくちゃ!

ゼラニュームの隣のプランタにはレモンバームとキャットニップが今年も生い茂りました。昨年はあまり茂ったので、何回もバーブティーにしましたが、直売所で買った鯛(大村湾産なので新鮮で安い!)のエラとお腹のところにこのハーブを詰め込んで塩焼きにしたら、とてもいい香りで美味でした。ところで、キャットニップは猫が好きな草で、マタタビの様に酔っぱらうそうです。そういえば、去年か一昨年、野良山ねこ(このあたりは野生化した猫が山に住んでいるようです)がベランダにあがった形跡がありました。

夕刻に奥津城にお参りしました。サクランボがまだ残っていました。
文・写真:林 光子5月16日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151