日替わりコラム
ツバメ観察
我が家(寮)の玄関先にツバメが巣を作り始めました。冬の間暖かい東南アジアの島々、オーストラリア北部で過ごしたツバメは、海を何千キロも超えて日本に帰って来るそうです。春の雨で湿ったドロと枯れ草に自分のだ液をまぜてこね、夫婦一緒に巣を作るそうで、1枚目は5月13日に撮影した制作中の一コマです。この数日前から作り始めて、この5日後の5月18日には2枚目のように完成しました。昨日は卵を温めているような雰囲気でした。(3枚目の画像) 
 昨日は長男(小六)、次男(小三)が運動会でした。予定していた日が大雨で、延期となりおかげで見に行くことが出来ました。2人とも大きくなり頼もしくなりました。人間は子供と長い時間一緒にいることが出来ますが、ツバメは短い期間で巣立ちます。巣作りから、子育て、巣立ちまで早送りで見せて頂いているようでありがたく、また家族と共に過ごせる時間を大切にしたいと感じました。

文・写真:吉田 憲司5月25日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151