日替わりコラム
運動会の応援
 先日、月曜日に子供の小学校で運動会が行われました。当初は日曜日が予定されていたので、行けないことになっていましたが、雨の為翌日に順延となりました。日曜日の雨は夜になっても止まず、月曜日の朝も行われるか心配でした。月曜日の朝になりましたが、どんよりとした鉛色の曇り空からは今にもポツポツと来そうです。
 それでも天気予報では午後曇りの予報とのこと、開催が決定されましたので、観覧することができました。(日曜日を予定していた保護者の皆様には申し訳けないですが・・・)
 今年の運動会は我が家にとっては、ある意味特別なものでした。というのは長男6年生、長女4年生、次女1年生と3人の子供たちが同じ運動会に出る最初で最後だったからです。
 小学校の全校生徒数が二百数十名と割合少ないので、おかげで全種目の中、3分の2以上の種目に何らかなの形で子供の誰かが出場していました。どの子も一所懸命に走ったり、踊ったりとがんばっていました。
 午前中は僅かにポツッと降りましたが、子供たちの熱気が雲を散らせたのか、午後からは晴れ間があらわれ、運動会らしい天候になりました。
 子供たちが通う小学校の運動場は、他の学校と大きく違うものがあります。それは運動場の中に「せんだんの木」と呼ばれる木が育っていることです。この木は何度も枯れる危機を迎えましたが、関係者の懸命の処置で現在も葉を茂らせています。その木をよーく見てみると薄紫の花を咲かせているではありませんか!
 私はこの木が花を咲かせるのを始めて見ました。感動しました。幹の一部は枯れないようモルタルみたいなもので補修され、枯れないように枯れないようにと生命の維持をされているだけで、花を咲かせる力は無いものだと私は思い込んでいました。それが満開の花を咲かせています。時折吹く風が花を振りまるで運動会を応援しているようでした。
文・写真:錦織 義記5月26日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151