日替わりコラム
朝の時間を生かす
 2月に練成部の辞令を頂いて4ヶ月になろうとしてますが、毎日が忙しく゛時間が無い゛と心の中でいつも焦っていました。 そんな中で久しぶりに『生命の実相』第七巻を拝読させて頂いて、改めて再認識させて頂いたところがありました。それは「朝の時間を生かせ」ということです。
 
『生命の実相』第7巻5頁には次のように書かれてあります。
『朝の時間を利用するものは一日を生かすのである。毎日朝の時間を利用するものは生涯を生かすのである。朝の時間の不思議な特色はしばらく物質世界との関係が絶えているということである。心が非常に自由な、自然な、有形の世界にとらわれない伸び伸びとした状態にあるということである。この時間はわれわれのカメラがいっそう無形の世界の方へ向いていて、われわれ自身以上の英知者からの指導を受けやすいということである。』
 
 更に13頁には次のように書かれてあります。
 『諸君よ、諸君自身が生長の人となり、諸君の家を「生長の家」としようと思うならば、朝の時間をたくみにいかせ。およそ時間をたくみに生かす者は、自己の生命を生かす者である。なぜならわれわれの生命は時間的継続そのものであるからである。わたしのように朝の時間をたくみに利用することによって二重に生きることができる者は、仮に五十年の生涯でも百歳を生きたとどうようとなるであろう。かりに七十歳を生きれば百四十歳を生きたとどうようの価値を生きることができるであろう。』
 この御文章を拝読させて頂いて゛忙しくても自分を生かす時間を作ることができるという事を忘れていた゛と反省いたしました。
文:村上 満代5月28日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151