日替わりコラム
枇杷
寮の前にある枇杷の樹に実がなり、色がついてきました。まだまだ青いですけど、これから段々熟してくると思います。この樹は毎年のように実をつけてくれて、職員の子供達(我が家の子も含めて)は恩恵にあずかっています。3から4月頃に摘果と袋掛けなどをすると大きく甘い物が出来るそうですが、売り物ではないので自然のままです。実は小さいですが酸味も適度にあり、昨年いただいた時には、子供の頃に遊びながら囓った記憶が蘇りなつかしい味がしました。下の写真は献木していただいた枇杷の苗です。もう植えつけてから数ヶ月経ちますが、しっかり根をつけて元気に育っています。この苗は長崎早生 その他福原 茂木≠ニ三種類いただき第二駐車場に植えています。実をつけるまでは「桃栗三年柿八年枇杷十三年」というくらいですから、長い年月が必要です。大切に育てて十数年後に訪れる人達の笑顔に結びつけばと思っています。私も子供の頃からそのような先人の心と枇杷の生命に恩恵をいただいているんですから
文・写真:吉田 憲司6月1日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151