日替わりコラム
花は美しい
 総本山も梅雨入りしました。朝から恵みの雨が降っております。今朝、顕斎殿で神想観を実修しておりますと、雨音が心に響いてきました。そのリズミカルな響きの美しさ。とても心地よいです。
 雨の日のお花たちの表情も、なにかいつもと違って悦んでいるように感じられます。とくに紫陽花は雨の日がとても輝いて見えます。美しい花々に囲まれた生長の家総本山で生活出来る幸せを味わっております。豊かだなと思います。
 谷口雅春先生著『生命の実相2巻』P142に次のようにお説き下さっております。
 
 「自分の心に美しさがあるから、バラの花の美を感じうるのであってバラの花そのものだけが美しいのではありません。バラの花そのものだけが美しいのでありましたら、猫がバラの花を見ても美しいと感じなければならない、ネズミがバラの花を見ても美しいと感じなければならない。」
 
 私たちがお花を見て美しいと感じるのは、自分の心のうちに「美」があるからお花とふれあった時に「美」を感じる。その感じ方も、心が磨かれる程度に応じて深さが違います。
 私たちが神を求めることが出来るのは、私たちの内に神がアルからです。明日から第325回団体参拝練成会が開催されます。我が内なる神を輝かす、素晴らしい練成会が開催されます。皆様のお越しをお待ちしております。

 花々が雨の恵みを悦んで

 
文・写真:日向 光春6月14日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151