日替わりコラム
沖縄慰霊の日
昨日(6月23日)は沖縄の慰霊の日でした。
65年前の昨日沖縄は組織的な戦争が終結しました。
あの大東亜戦争では悔やんでも悔やみきれない程の多くの命が失われました。
その反省に立ち今、日本は平和を追求し戦後65年間一人の戦死者を出すこともなく平和に過ごしてきました。
今を生きる私達は先人の魂に感謝し、これからも平和を護る努力をしたいと思います。
先日佐世保市の中里八幡宮を参拝した折、招魂碑の近くで樹の切り株の虚(うろ)から可愛い花が咲いているのを見つけ写真に撮りました。
亡くなった魂が幼い命を護っているようで少し感激しました。
招魂碑の後ろに廻ると戦によって亡くなった英霊のお名前が記してあり、その中に「原爆 豊村トヨ子」と云う名前が記してありました。
この佐世保の地で原爆死没者のお名前を見るとは思ってもいなかっただけに、驚き、おそらく被爆の後この地へ戻られ亡くなったものと推測いたしました。
科学技術は便利さと快適さをもたらしますが、使い道を誤れば取り返しのつかない悲惨な結末を迎えることになります。
心して平和と自然との共存できる世界を目指そうと誓った一日でした。
文・写真:城戸 恒雄6月24日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151