日替わりコラム
田んぼの草取りをしました(*^_^*)
合掌 昨日(25日)は小雨の中、練成部一同で神饌田の草取りを行いました。総本山の水田は除草剤を使わないので草がたくさん出ています (^_^)v
小さい草の所は天地返し(草のあるところを土の中にひっくり返し、根を上に出す)をしました。稲の周りは土を避けて稲が分けつしやすいようにしてあげます。
総本山の水田は、牛糞堆肥を入れますのでガスが溜まります。土の中にガスが溜まると泡の中に稲が植わっているような状態でユラユラしています。天地返しをする事によって土の中のガスが抜けて土が収まり稲もしっかりと根を伸ばす事が出来ます。
草取りする時は(上の写真)水の中なのでおしりを上げて頭を下げて(^^;)(-_-;)の姿勢ですから大変です。今日は足腰がアイタタタァ・・・・の状態です(^_^;)(-_-;)
でもなぜだか、うれしいような、自慢げなような気がして、私はうれしいです(*^_^*)。
水田もきれいになって喜んでいるようにみえます。
これから収穫まで何度か草取りをしますが、稲刈りの時にはまた草が出ています。
大原神饌田も草取りを行いますが、こちらにはヒエが沢山出てきます。昨年は稲を刈る前にヒエの穂先を切りとりました。だから今年は少ないと思いますが、やっぱりヒエは出ています。
稲は10センチ以上大きくなった物を植えました。植える時にはヒエの芽も出ていなかったのに今は稲より大きく育っています。ヒエを抜いてみると根の大きさが稲の根の三倍くらいの大きさです。この大きいストローの様な根で土の中の栄養を吸い取ったら早く大きく育つのは当たり前のような気がしました。

昔の除草剤のない時代のお百姓さんは本当に大変だったと思います。
私の生家も百姓でしたが、子供の頃の手伝いは田植えとか稲刈りの時くらいだったので草取りはした事がなかったなぁと思いました。それでも稲刈りする時には草は無かったような気がします。
父ちゃんも母ちゃんも大変だったんだろうと改めて思いました。
総本山も昔ながらの地球に優しい稲作をしています。
これからも練成員さんや職員と一緒に、稲刈り収穫まで、頑張って管理していこうと思いました。
下の写真は草を取る前と草取りが終わった後の写真です(*^_^*)
文・写真:上村 アリ子6月26日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151