日替わりコラム
雨もうれしい
先日、曇りの日に撮った写真です。花の上に緑色のきれいな蜘蛛が歩いていました。ハナグモという徘徊性の蜘蛛で網を張らずに獲物を待ち伏せるそうです。総本山に来て様々な虫たちと出会いましたが、この蜘蛛を一番はじめに見たときは、その色の美しさに驚きました。さて、境内地のツツジや皐も花の時期が終わり剪定を行っています。同じ日に道場前のツツジを見たら小さな芽が早くも出ていました。ツツジや皐は花が終わってから、梅雨が明けるまでのこの季節なら、しっかり剪定してもきちんと芽が出てきます。雨が降っていると、降らない日より1.5倍芽立ちが早いそうです。昨日はどしゃ降りの中で長期生と一緒に花壇の草取りをしました。感謝誦行しながら、植えてあるサルビアノ間の草を丁寧に抜きました。大粒の雨がカッパを着た体中に当たりながらも、なぜか心は晴れ晴れと気持ちが良かったです。『日々の祈り』にある雨の恵みに感謝する祈り≠拝読するたびに、雨が大好きになる自分を感じています。
文・写真:吉田 憲司6月29日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151