日替わりコラム
献労
 先日(7月14日)は職員の全体作業の日で、田んぼの草刈りをしました。本当は花山の草刈りの予定でしたが。14日は朝から大雨で、斜面の草刈りはすべって危険だということで、雨の中カッパを着て田んぼの草刈りをする事になったのです。
 私は前回の献労(7月9日)でイネのヒエが区別出来るようになって、今回はちょっと嬉しい気持ちで田んぼに入りました。
 田んぼに入ると、゛生物多様性゛の世界が広がっていました。目で見えただけでも、カエル、カニ、バッタ等々10種類以上の生物が確認出来ました。聞けばこの田んぼの中には200種類以上の生物がいるとのこと。ビックリです。

 午前中の草取りが終わって帰りの田んぼ道を歩きながら、地元の人が作っている田んぼを見ると、農薬を使っているので虫やカエルが全然いなくてイネだけがキレイに生えていました。今までは何も思わなかった普通の景色でしたが、総本山の無農薬の田んぼの草取りをした直後だったせいか、その日はなんだか不自然な、ちょっと奇妙な感じがしました。農薬を使うと、草も生えないし虫もつかないということは作業としては楽ですが、それだけ強力な薬であるということを改めて認識して、ちょっと恐いなと思いました。

 総本山の田んぼはいろいろな生物が共存していて、田んぼ全体が゛生きてる゛という感じがしました。田んぼの草取りは大変ですが手がかかる分だけ゛愛おしい゛感じがします。今回も献労を通していろんな事を感じさせて頂きました。感謝です。
文・写真:村上 満代7月16日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151