日替わりコラム
感謝とエールを絵封筒で
昨日、丁度1ヶ月前の7月10日に卒業した元長期練成員と電話で話をしました。彼が練成会に参加した時は消え入りそうな声で話しをし、オドオドとした態度でいましたが、3ヶ月間研修を重ねた彼は見違えるほど立派になり、1ヶ月ぶりの声も、明るく元気でとても嬉しい時間となりました。これも研修中に何事も真面目に取り組み、苦手なこともコツコツと努力を積み重ねて来た結果だと思います。思い出されるのは、本宮練成会で体験談を発表した時のことです。初めて彼が体験発表をした時は、用意した原稿を手に持ち、その紙から目を離さず、文章をひたすら読んでいました。その姿をみて、私は体験談中にも関わらず会場の後ろから「前を向いて話しなさい」と言ってしまうほどでしたが、卒業間近の彼の体験談では、原稿などには目もくれず、堂々と話して会場の皆さんに感動を与えていました。本当に素晴らしく、担当者として嬉しい瞬間でした。現在、彼は就職活動中ですが、行≠烽オっかり重ねて頑張っているそうです。きっと素晴らしい就職先が見つかることでしょう。彼が送ってくれた桃≠絵封筒に描き、感謝と精一杯のエールを送りました。
文・絵:吉田 憲司8月10日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151