日替わりコラム
ゴーヤ ワールド
今朝の雲の様子はいつもと違って、もう秋になったのかと思わせるものがありました。朝夕も幾分爽やかになり、早朝行事に持参する汗ふきもハンドタオルからタオルハンカチに変わりました。ですが、ホットした嬉しい思いもつかの間で、沖縄近海で発生した熱帯低気圧が北上している影響かもしれないと知り、数日後には厳しい暑さが戻ってくることを覚悟しました。

その熱帯低気圧の東側にあたる長崎県はやや風が強くなっています。午後3時頃、緑のカーテンのゴーヤの棚全体が風に揺れていました。

さて、5月に植えられたゴーヤのカーテンもすでに4ヶ月近くになりました。連日の猛暑に耐え、葉っぱは少し枯れてきましたが、その根本を見るとまるで鶏の足のようで、しっかりとプランタ内の土を掴んでいるようです。

水やりのホースを仕舞うときに、雨樋と壁の隙間でゴーヤの若い苗を見つけました。去年のこぼれ種からでしょうか?ゴーヤの生命力のたくましさには瞠目します。

このゴーヤにはチョウチョや蜂が飛び交い、カメムシが実に食いつき、カマキリが葉陰に身を潜め、蜘蛛は蔓との屋根を支えにして巣をはっています。虫たちがウヨウヨいるのです。この小さなゴーヤワールドは、数多くの生き物を養いながらも、自然に循環していることを思い、更に感嘆しました。
文・写真:林 光子8月29日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151