日替わりコラム
警神 増田敬太郎
先日テレビを見ていたら佐賀県唐津市肥前町の増田神社のお祭りの様子が放映されていました。
ここの御祭神は増田敬太郎という警察官の方で、日本で唯一神として祀られている神社だということでした。
神社大好きな私としては「これは是非参拝しないといけない」ということで、早速妻と二人車を走らせました。
ところが、増田神社がどこにあるのか初めての土地で全く判らず、唐津市内に入ってコンビニで道を聞くと、全然方向違いのとんでもない遠い所にあることがわかりました。
でもそんな遠い所にある神社なのにその神社のある場所を知っているなんて、相当有名で大きな神社なんだろうな、と思いながら唐津市肥前町高串を目指して走りました。
着いてみると大きさは「?、それ程でもないか」と思いつつ1の鳥居へ廻ると、鳥居の前には全国の警察関係者から奉納された常夜灯がずらりと並び、鳥居の扁額には【巡査大明神】の神号が記され、2の鳥居には【秋葉神社】3の鳥居には【増田神社】と扁額が掲げてありました。
境内はきれいに掃き浄められ、拝殿の中も厳粛に整えられておりました。
拝殿の中には増田巡査の遺徳を偲ぶ額が所狭しと飾られ、地元の人の敬愛と警察関係者の尊敬の念が溢れんばかりに感じられました。
明治28年7月17日に佐賀県巡査を拝命し、7月21日肥前町に着任・当時猛威をふるっていたコレラの防疫・遺体処理に懸命の努力を注ぎ、7月23日自らもコレラに感染翌24日絶命と由緒書きにあり、亡くなられたその日以後この地区において1名のコレラ患者も発生しなかったと記されておりました。
地区の人はその徳を偲び【増田大明神】としてお祀りし、警察においては「警察官の鑑」として大切にお祀りされております。
尚、増田巡査の出身地熊本県菊池市泗水町には増田巡査の顕彰碑と墓碑が建立され、警察学校の学生による参拝と清掃活動が行われております。
その徳は人として学ぶべき大きなものがあると感じた増田神社の参拝でした。合掌
文・写真:城戸 恒雄9月2日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151