日替わりコラム
鎮守の神様はどなた?
以前訪ねた鎮守神社のお話です。
平戸市に入って素戔嗚神社(スサノオじんじゃ)を参拝した後海水浴場に向かって車を走らせていると左手前方に鳥居を発見し、早速参拝することにしました。
防波堤道路で護られた境内は大木が茂り荘厳な雰囲気を漂わせており、壱の鳥居・弐の鳥居を構えた社殿も霊気満つる素晴らしい雰囲気でした。
掃除の行き届いた拝殿に入り、作法通りの礼拝をし、拝殿内を見廻すとそこには奉納された絵画や写真の額がズラリと飾られ、その額の一つ一つに「願成就」の文字が記されてあり、この神社が古来から祈願成就に御利益のある神社で村民の信仰篤い神社であることが看てとれました。
ここでフッと思ったのですが、「ここの御祭神はどなたなのだろう」と云うことです。
神社の名前によって御祭神も推測できるのですが【鎮守神社】では?と云うことで判らないので帰ってインターネットで調べました。
そしたらここの御祭神は《素戔嗚尊様》と《櫛稲田姫の命様》と云うことが判りました。素戔嗚尊様は「古事記」や「日本書紀」によると八岐大蛇(ヤマタノオロチ)に食べられそうになっていた櫛稲田姫(クシナダヒメ)の命様を救い、八岐大蛇を退治され、櫛稲田姫を妻にされた、ということでした。
そういうことでここ鎮守神社はご夫婦の神様をお祀りし、五穀豊穣・夫婦円満・祈願成就に御利益のある尊い神社であることが判りました。
この神社を大切に護り続けている地域の方達の信仰心に敬意を示してもう一度礼拝して鎮守神社を後にいたしました。
文・写真:城戸 恒雄9月9日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151