日替わりコラム
待つ
 山形のおじさんから洋なしが届きました。届いたばかりの洋なしはまだ青く、とても食べられそうにありません。約一週間が経ち、少しずつおいしそうになってきました。早く食べたい気持ちをおさえて洋なしを絵に描きました。
 絵を描くことは少しずつ慣れてはきましたが、立体的に描くのは難しいです。また、洋なしをよく見ると緑色や黄色など一個の洋なしでも色彩がとても豊かです。
 こんなにも洋なしを見つめたことはなかったと、描きながら思いました。意味優先の生き方で、ただ洋なしがおいしくなったら食べるだけの自分でしたが、絵に描くことで洋なしの美しさに気付き、感覚優先の生き方の大切さを感じました。
 急がず、ゆっくり待って、日々の生活を見つめてみると、神の恵みが輝いて見えます。忙しい時ほどちょっと立ち止まり、感覚を優先させる生き方の素晴らしさ。色々な物に挑戦し、絵に描いて行こうと思いました。まだまだ上手には描けませんが、一歩一歩前進したいと思います。

 洋なしの美しき色輝いて
文・写真:日向 光春9月13日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151