日替わりコラム
久しぶりに色鉛筆を使う
 本日午前に日時計主義の実践として絵手紙の創作を行いましたので、私も画きました。題材は先日撮影した蟹です。2日に行われた献労の公邸ミカン園除草を撮影中、刈り終えた草の上を蟹が歩いていたので撮影したものです。
 パソコンの画面に映し出して、それを模写しました。最近はもっぱら顔彩を使っていましたが、今日はなぜか色鉛筆を使いたくなったので、こちらを使いました。ただこの色鉛筆、普通の色鉛筆と違い、水筆ペンで塗ることによって絵の具のような表現が出来ます。シャープな部分は色鉛筆そのまま、ぼかしたい所は水筆ペンを使用して、というような使い方ができます。完成まで15分でした。
 とここで気付いたのが、最近はあまり一枚の絵に時間をかけていないことでした。速くかけるようになったのは、何度も画いて慣れてきたからだと思うのですが、自分の中では「上手くなってきている」と感じている部分もあったと思います。しかし、そう思っているだけで、その分対象物をじっくりと観察する時間が減ってしまっています。
 今一度、じっくりと対象物の生命を感じながら描こうと心新たにしました。
文・絵:錦織 義記10月6日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151