日替わりコラム
西彼町文化祭
今日、総本山から徒歩15分ほどの環境センターという市の施設で、西彼町文化祭が開催されていて、生長の家総本山の聖歌隊も出場いたしました。指揮の黒岩講師とピアノの中村さん、ほか約20名のメンバーでした。聖歌は「水と森の歌」「星のように」の2曲でしたが、神様の言葉を聖歌を通して伝えさせて頂いていると思うと、歌いながらグッと胸が詰まるような感動を覚えました。

他にも多様な出し物があり、近隣の主婦や子供などがグループで、日頃から舞踊やダンス、体操や楽器の演奏などに精進しておられる、その成果を立派に素晴らしく披露しておられました。農村コミュニティーの結束の強さを感じました。

業務に戻るために会場を出ると、隣接のグランドでは「西海大鍋祭り」という初めてのイベントが開催されていました。伊勢エビや牡蛎やクエなど、取れたての魚介類を使ったブイヤベースとクリームスープが5,000人分も用意されるとのことで、もうすでに1,000人ほどの長蛇の列が出来ていました。

私も「食べること」は大好きですが、人類の「食」に対する欲望とそのエネルギーのすごさには感服します。あんなに並んで、何時間待つことになるのでしょうか? 3年前にやっと花の東京から静かな西彼町に帰って来て、もうあんな行列を見ることも並ぶこともないだろうと思っていましたが‥。

ところで、このようなイベントでは、料理を作りすぎて無駄にしたり、食材が余って捨てられたりすることを思い、心が痛むものですが、この大鍋祭りでは足りなくても、余る心配はないようです。ともかく、よかった〜。

そのような喧噪の中から、総本山に戻るといつもと少しも変わらず悠久の時が流れ、梢では種々の鳥たちが生命の歌を響かせていました。
文・写真:林 光子11月28日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151