日替わりコラム
めがね
 先日、めがねが真っ二つになりました。ちょうど鼻の上のレンズとレンズをつなぐ部分です。そこが数日前からあやしかったのですが、とうとうある時めがねを掛けようとして折れました。
 こうなるとめがねとしての役目を果たせません。予備のめがねはあるものの10年前に造ったもので、今の自分には度数も合いません。そこでしばし真っ二つになっためがねを眺めながら、このめがねの応急処置の方法を考えました。
 と、目に飛び込んできたものにボールペンがありました。そこで閃きました!インクの切れたボールペンの芯を1cmくらいに切って折れたフレームをつないでみました。見事応急的には繋がりました。しかし、歩く度にレンズがずれてしまい、視点が定まりません。とりあえず新しいめがねを造るまでの数日間この状態が続きました。視点が定まらないので眼が痛くなり、それに伴う頭痛や肩こりの症状が現れました。
 改めて眼とめがねに感謝することに気づきました。
文・絵:錦織 義記12月15日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151