日替わりコラム
観音様とお地蔵様
一昨年から昨年にかけ神社やお寺・教会を「よくもマアー」と思うくらい巡りましたが、一番感銘を受けたのは路傍に佇むお地蔵様や石に彫られた観音様のお姿でした。
雨や風を受けながら慈愛深い微笑みを湛えたそのお姿は「分け隔て無く全ての人を救うぞよ」とささやかれているようで、見ているだけで心が癒されるようでした。
子安観音様や子育て地蔵様を見ていると、それは地域の人々の「子供が無事に成長してくれるように」との思いを受け止め、「心配ない、私が行く末見守ろう」とでも言われているようで、涙が出るような胸の詰まりを覚えました。
それは宇治別格本山の慈母観音様の前に立った時に感じた思いに似た感動であったように思います。
観音様や地蔵様は多くの幼子を抱き留め、大安心の境涯に導いていかれるのでしょうか?観音様やお地蔵様は多くの尊称をお持ちですが子安観音・子育て観音・慈母観音・又、子安地蔵・子育て地蔵と、子供に関するお名前も沢山お持ちですね。
それだけ人々は子供を大切に思ってきたのですね。
神仏に子供の健やかな成長を祈り、願い叶ってはお礼参りを繰り返し、代々大切に護り祀って赤いエプロン・よだれかけを奉納し、日々の祈りを欠かさなかったのですね。
何気なく通る道筋にさりげなく佇むお地蔵様や観音様に心静かに手を合わせ「これからもどうぞお守り下さい」とお祈りをして、仏様を後にしました。
文・写真:城戸 恒雄1月13日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151