日替わりコラム
先祖橙
 2月6日、練成会参加者の皆様とご一緒に、日時計主義の実践である絵手紙の創作をさせていただきました。寒くて外での創作は難しいかなと思っておりましたら、春が来たような陽気の中で、とても楽しく描かせていただきました。
 今回は、藤棚の家の橙を描きました。橙のオレンジ色がとても美しく輝いていて、練成会参加者の皆様が先祖橙ますます栄えていただきたいとの思いを込めて描きました。橙も色彩をよく見ると、ただのオレンジ色ではなく、緑もあり、黄色もありと、とても多彩です。ただのオレンジ色と決めつけていたのは自分自身で、本当は絶妙なバランスが光っています。また、葉っぱの緑も同様に、一枚一枚同じものは一つもなくて、神様の世界の多様な一面を感じました。
 毎回描かせていただいて思う事は、「今を生きること」です。意識がつい未来や過去に行ってしまいますが、今に向ける事で悦びが見いだされます。本当は楽しい世界で生活しているのに、つまらんことを頭ではこねくり回してしまいます。一歩一歩、感謝を積み重ねて行きたいです。

 橙は神の芸術実りたり
文・写真:日向 光春2月7日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151