日替わりコラム
観光客になりました。
長崎県民になって早30年が経過しました。
長崎県は観光地として数々の名所がありますが、なぜかこれまで有名な所を観光しようと云う気持ちにならず、平和公園などは素通りしてばかりいたのですが、今回なぜか行ってみようという気持ちになり、意を決して行ってまいりました。
真冬で雪の後ということもあったのでしょうか、観光客の姿がほとんど無く〔平和公園独り占め〕のような状態でした。
駐車場のエレベーターを上がるとすぐ横に(北村西望)製作の平和祈念像が大きく聳えていました。
この平和祈念像は[神の愛と仏の慈悲]を象徴している、とのことで人々の平和を祈る気持ちがここに集まっているような感じを受けました。
静まりかえった平和公園の中を妻と二人ゆっくりと歩きながら、被爆遺構や世界各国から贈られた平和のモニュメントなど見て歩き、平和のありがたさをしみじみと味わいました。
平和公園の中を歩く私達夫婦は傍目には完全に観光客に見えたでしょうね。
フっと見ると公園の外の方に有名な〔浦上天主堂〕が聳えているのが見え、「行ってみよう」ということになり、足はいつしか〔浦上天主堂〕の方へ向いていました。
戦後に再建された天主堂は修学旅行のコースにもなっており、よく知られていますが天主堂の前はあまり紹介されていないようで今回天主堂の前で一つの発見をしました。
それは被爆した聖人の像の前に何故か〔狛犬〕のような石像が3体置いてあるのです。
「キリスト教会の庭に狛犬?ま、ここは日本だからいいか?」と妻と二人妙に納得してしまいました。
天主堂についてはまたの機会に報告したいと思います。
文・写真:城戸 恒雄2月10日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151