日替わりコラム
書道始めました
先月から書道を始めました。妻の叔母が師範をしているので、通信添削をしてもらう方法で習い始めました。私は、小学2年生から4年生までの2年間教室に通った経験があります。もう30年も前なので「すっかり忘れている 」と思っていましたが、いざ筆をもって半紙に向かうと全部は忘れていないものですね。勿論上手には書けませんし、思うように筆も動きませんが、「姿勢を正して、集中して、身体全体で書きなさい」などと指導されたことを自然と思いだしました。筆先に集中しながら、ゆっくりと時間を使って書きますと、普段に無い緊張感が感じられ、難しくても楽しく、よい時間でした。下に2枚画像を載せましたが、左は先生のお手本、右は提出したものです。ちなみに毛筆は「金彩玉璞」(きんさいぎょくはく)と読むそうで、「金の彩りあるまだ磨かれていない新玉」という意味で、初回の文字としては嬉しい内容でした。小筆は「歩(ほ)を矩(く)にして領(りょう)を引き廊廟(ろうびょう)に俯仰(ふぎょう)す」と読み、「道を歩くにも法にたがわず、頭をあげ身を正して、いつも廊廟(祖先の霊を祭るところ)の中にいるつもりで、礼儀を守るべきである」という意味だそうです。んー勉強になります。このように意味を知って、半紙に向かい、そのような心で書くことの大切さを感じます。これから、しっかり時間を作って精進してゆこうと思っています。
文・写真:吉田 憲司2月22日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151