日替わりコラム
新生日本を祈念して
 5月21日、団参3日目早朝に奥津城参拝が執り行われました。奥津城参拝のための祭器具を車に積み込み、奥津城に到着すると、雨がポツポツと降ってくるではありませんか。思わず天を仰ぎました。「神様お願いします」と心の中で叫びました。雨がポツポツ降っているなか、準備をしました。
 すると、奥津城参拝が始まる直前には晴れ間が見えて、雨がすっかり晴れ上がってくれました。本当に奥津城上空だけが雲が無く、周りは雲に囲まれているような状況でした。傘をさしていた練成員さんも傘をたたみ、雨に濡れることなく奥津城参拝に参列出来ました。このような事は奥津城でよくありますが、神様と、谷口雅春先生に感謝を申し上げました。雨が上がったおまけに今度はハチさんが飛び回って少し怖かったですが、これも自然との一体かと感謝しました。
 奥津城参拝の後に、龍宮住吉霊宮において東日本の復興に向けて真心込めて聖経「甘露の法雨」を読誦させていただきました。龍宮住吉霊宮のご祭神である伊邪那美大神は物質文明を象徴しており、物も神の顕れであり、物質界の秩序も整い、自然との調和した形で新生日本が実現するよう祈念し、聖経読誦しました。練成会参加者は自由参加にもかかわらず、霊宮の中に入りきれないほどの方が聖経読誦に訪れて下さいました。皆様の真心をとても感じました。被災地にも愛念が届いた事と思います。

 暗はなく新生日本輝いて
文・写真:日向 光春5月22日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151