日替わりコラム
”光明面のみ”をみる
谷口清超先生御著書『伸びゆく日々の言葉』(106頁)には「光明面のみを見よ」と題して次のようにあります。

『人生の光明面を見て、暗黒面は見ないことだ。それは意識的に、実在すると見ないのであって、眼に見えなくなることではない。現象界には、色々の不祥事や災厄も見えるが、これらは全て神の作品ではない。従って実在ではないのである。戦争も「神が戦いをさせているのではない。迷いと迷いと相搏って自壊するのだ」と『声字即実相の神示』の中には示されている。つまりそれらは本来無いのである。それ故実在する平和や幸福や繁栄に心を振り向け、その光明面を見ることによって、実相を現象化することが出来るのである。』

今日は龍宮住吉本宮練成会の第3日目です。今月も練成員さんは色々な問題を抱えて来ていらっしゃいます。ニュースを見ても 東日本大震災の被災状況はまだまだ大変です。現象世界は明暗こもごも色々見えますが、苦しい時ほど、より一層光明面のみ≠見て実相を現象化することが大切なのだと、この御文章を拝読させて頂いて再確認させて頂きました。
文・写真:村上 満代6月3日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151