日替わりコラム
感謝
谷口清超先生御著書『伸びゆく日々の言葉』(167頁)には「離別の教訓」と題して次のようにあります。

『人はとかく人から受けた恩恵を忘れ勝である。それを当たり前と思ってしまうが、そうではない。もしその人がいなかったら、どんなに淋しく、やるせない人生かと思うとき、その人がいてくれるだけで幸せである。その上、色々尽くしてくれ、便宜を計ってくれる。この恩恵に馴れすぎてはいけない。そのような時、死や離別が、人々に警告を与える。そして「こんなに大切な人だったよ」と教えてくれる。死はそして又離別は、人間にとっての最高の教師である。それ故、なくてならぬ恩師も、愛する人も、いつかはあなたの前から、姿を隠すのである。あなたの魂の飛躍のために…』

今日は献労練成会の最終日です。今回も家族的な素晴らしい雰囲気の練成会でした。縁あってこの総本山にいらっしゃる全ての人、又一緒に仕事をさせて頂いている皆様に対して、「一期一会」、その時その時の出会いを大切にしたいと思っています。
文・写真:村上 満代6月10日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151