日替わりコラム
【オオヒルメノムチノミコト】様は
西海市大瀬戸町柳浜近くに【焼火神社】があります。
読み方は【たくひじんじゃ】又は【たくびじんじゃ】と読みます。
主祭神は【大日孁貴尊(オオヒルメノムチノミコト)】様で航海安全の神様として信仰を集めておられます。
隠岐の島には国の重要文化財に指定されている焼火神社社殿があり、こちらから御分霊を頂いてお祀りされているものと思われます。
その由来はその昔、後鳥羽上皇が隠岐の島の沖で遭難しそうになったとき、焼火山から御神火を放ち船を島に導いたと云う説により、以来海上の守護神として崇敬されています。
神社によっては【大日孁貴尊様】を【天照大神様】と同一神としてお祀りしてあるところもあると聞いておりますが、私は???と云う感じです。
ここ柳浜近くの焼火神社は海を眺める高台に建立されてあり、海上安全を祈る人々の想いが表れているように思われました。
そしてここにも歴史が一つ記されていました。
鳥居の横に《大正4年9月御大典祈念》の石碑が建ててありました。
明治天皇崩御により大正天皇の御即位があり、それが大正4年9月と云うことが判ります。
歴史の移り変わりと人々の変わらぬ信仰心。
神と共にある心がこの社殿に現れているようで、心を込めて参拝してまいりました。
文・写真:城戸 恒雄6月16日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151