日替わりコラム
お受け所の祈り
前回から、コラム欄の担当をさせて頂いています。
早いもので月も変わり8月になりました。連日暑い日が続いています。それでも総本山は森の中にあるせいか早朝は比較的涼しく、その森に囲まれた顕斎殿で1日には早朝行事の担当をさせて頂きました。今月も神様に心を振り向けて気持ち新たにがんばりたいと思います。

私は社務所のお受け所の担当をしておりますが、お受け所の一日はまず神様へお祈りから始まります。早朝行事が終わると社務所に来て、お受け所の神棚の前でお祈りの言葉を唱えます。

−お受け所の祈り−には

「私たちは授与品を通して、全ての人々が人間神の子の真理に導かれ、実相が開顕し、住吉大神の無限の御神徳が流れ入り給いて、明るく、楽しく、健やかな光明の生活を営むための尊き仕事をさせて頂きます。このお受け所の業務を通して住吉大神の御神徳を弥益々に発現せしめ給え」とあります。

授与品(お守り、御神札等)とは住吉大神様の御神徳の現れなので、その御神徳を多くの人にお分けして、授与品を頂いた人たちが幸せな生活を送られますようにという気持で今日一日の神様の仕事を始めさせて頂いています。

お祈りが終わると、神舞姫さんと一緒にお受け所の雨戸を開けます。今の時期は、早朝行事が終わる頃にはすっかり朝日が昇り、お受け所の雨戸を開けると光が差し込んで来きて、「ああ今日も一日が始まる」という感じがします。

今ではこの流れが毎日の日課となっています。

今日も一日神様の御心を聴き使命邁進させて頂きます。

1日からは第369回龍宮住吉本宮練成会が始まっています。沢山の皆様のお越しをお待ちしております。
文・写真:竹嶋 裕之8月3日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151