日替わりコラム
ゴーヤのせいちょう
7月20日の本欄で紹介して以来書いていなかったゴーヤの成長を報告します。写真のように、だいぶカーテンらしくなってきました。窓を開けるとすぐそこが緑なのは気持ちも良いですし、空気もおいしく感じます。直射日光は和らげられますし、とてもありがたいです。実の方もあんなに小さかったのが、ドンドン大きくなって収穫しています。第一の目的は実を食べることではないので、あまり大きくせずに、写真2枚目くらいになったら、穫って厨房に回しています。もう既に十数本収穫出来ました。実の方に栄養が取られたのか、葉の色が薄かったので、先日は、土を足して追肥を行いました。おかげで、葉の色もだいぶ濃くなってきました。7月13日に紹介したカマキリはだいぶ大きくなってゴーヤカーテンにすっかり居着いています。先日は脱皮した抜け殻を見つけました。ちなみに写真3枚目は7月20日に紹介したゴーヤの実の赤ちゃんですが、この同じ実の成長した姿が、写真2枚目で、毎日毎日少しずつ成長した結果です。このように、一日たりとも同じではなく、植物も昆虫も常に成長していることを感じます。現象の移り変わりは、常に生長しているいのち≠フ表現であることを季節と共に境内地で感じることが出来るのは、とてもありがたく、素晴らしい体験だと感じています。
文:吉田 憲司8月16日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151