日替わりコラム
全力が肝心!
 前回(8月7日)、西海市のドッチビー大会に審判として参加することをお伝えしましたその続報をお伝えしたいと思います。
 夏の炎天下の中の体育館、蒸し風呂のような状態をイメージしておりました(実際、昨年は蒸し風呂だったようです)が、台風の影響からか風も適度に吹き、比較的過ごしやすく競技に集中できました。
 参加者は小学校低学年の部、高学年の部、中学生大人合同の部の3つに分けられての試合となりました。私が審判を担当したのは、小学生高学年の部でした。審判は主審と副審の2名、そしてタイムキーパーの合計3名が同じ子ども会から選出され、全部で4試合を担当することになっていました。
 子供たちはいずれも練習を積んできたようで、勝つ気満々です。監督はさらに燃えていて、大きな声で指示が飛び交います。
 にわか審判の私に本当に審判が務まるのかとドキドキして、いざ本番へ。もう一人の審判は、祭務部の諸岡良二講師です。どちらが主審でどちらが副審になるか聞いたら、「主審をしてもいいよ。」との返事。思わず心の中でガッツポーズ!そして合掌!
 おかげで、心にゆとりが出来、楽しく副審をつとめさせていただくことが出来ました。ドッチビー大会は、とっても盛り上がりました。(上の写真がその様子)そして我が「上岳子ども会」の低学年Bチームが準優勝に!我が娘もチームのメンバーに入れてもらっていたので、思わず携帯電話でチロリロリーンと撮影していました。(下の写真)
 審判をしてみて感じたことがありました。それは勝った負けたに拘わらず、全力で試合をする子供たちの顔はどれも活き活きしていること、やはり何事にも全力ですることに意義がある、子供たちの活躍を見て、感じさせていただきました。
文・写真:錦織 義記8月17日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151