日替わりコラム
蝉の声‥
先日も朝からまた雨が来て、空模様を見ながら徒歩出勤しました。夏は花の種類が少ないのですが、いくつかの花を見つけてカメラに納めました。

雨上がり 開いたばかり 百合一輪

ということで、今日(8月19日)は俳句(ハイク)の日と聞きましたので、まず一句

今年の夏は、さっきまで太陽が照りつけていたのに急に大雨になるという、まるで亜熱帯のような気候が続いています。梅雨の時期ほどではありませんが、なかなか湿気も抜けません。九州ではこんな土砂降りは子供の頃から経験していては慣れてはいますが、それにしても今年は輪をかけたような感じです。

以前、東京に住んでいた時、雨が少ないのと降り方が軽いので拍子抜けしたような気になったものですが、最近はそうでもなく、しょっちゅうゲリラ豪雨に見舞われているとニュースなどで見聞きします。やっぱり日本の気候が変わってきているのでしょうか。

洗濯はベランダに干すか、室内がいいか、毎朝、地デジのデータ放送で確かめるようになりました。徒歩出勤もその都度、傘がいるのか、車にした方がいいのか、見極めてから家を出るようになりました。

さて、先日のその雨上がりの出勤の際のことです。私は山道の方を歩くのが好きで、ものすごい蝉の声の中をかき分けるように歩いていました。鳥の音も遮るような山から聞こえる蝉の大合唱です。蝉だけでなく、想像を絶するような莫大な数の生き物たちに囲まれているようで、自然を満喫できます。

ふと横手をみると、手の届きそうな桜並木のその幹に、どの木にもどの木にも1匹から2匹の蝉が止まっていたのにビックリ!近づいてもフラッシュをたいても逃げないのに、また驚きました。「多分、大雨に直接、当たって体温が低下して動けなくなったのかな?」などと想像し、思いを納めて通り過ぎました。本当のことは蝉に聞かないと分かりませんが‥そこでもう一句
  
 蝉の声 かき分け歩く 徒歩出勤

徒歩出勤で体にもエンジンがかかって調子もいいみたいです。
文・写真:林 光子8月20日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151