日替わりコラム
無我献身
 8月30日、職員総出で玉砂利散布や草刈り、側溝の土砂上げなどの献労をさせていただきました。朝から炎天下です。残暑厳しく無我になるには最高の天気です。この暑さの中をやるのかと、我の思いを打ち消して、愛する境内地の管理のため無我になることは職員にとっての悦びです。真理の説法は、至る所に満ち満ちています。
 私は玉砂利班の担当です。顕斎殿・霊宮・奥津城の3カ所で、玉砂利が雨などで流れてしまった所に運び込みます。砂利をてみに入れ散布します。仕上げはとんぼでならします。照りつく太陽に感謝をしながらも、汗がこれでもかというくらいに流れます。みんなで力を合わせてやり終えました。休憩のお茶がたまらなくおいしい。
 次は道場前の側溝の土砂上げです。炎天下での土砂上げは最高です。自己限定の殻を破って、無我になって、一所懸命に土砂をスコップで掘り起こします。みんな黙々と土砂をトラックに積み込みます。みんなで力を合わせ、心一つになって献労することの大切さを感じました。
 一日の献労を終えて、ほっと一息。とてもすがすがしく、無我を生きるよろこびを味わいました。久しぶりにやった献労ですが、やっぱり献労は最高です。神の子・無限力を発揮して、魂が悦んでいます。
 
文・写真:日向 光春9月1日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151