日替わりコラム
紙垂替え
 一昨日21日に神域の「紙垂替え」をしました。祭務部では毎月、月始めの1日と11月22日の谷口雅春大聖師ご生誕の日に因む22日を新たな気持ちで迎えるためその前日に紙垂替えを行っています。紙垂は神社などでよく見かけると思いますが注連縄や玉串などに付けられている紙のことで、その場所が神様の清浄な聖域であることを示しています。今回私は神域内にある「椎名大神」というお社の紙垂を替えさせていただきました。毎月の事ながらこうやって紙垂を新しいものに取り替えるとなんだか心も新鮮な気分になります。

谷口雅宣先生御著書『日々の祈り』
−日々新たに生まれる祈り−には次のようにあります。

宇宙は、これら星々の公転や自転に表れるように、「循環して元にもどる」ように肉眼は見るかもしれない。しかし、地球が一回自転すれば、宇宙空間の元の位置にもどるのではなく、まったく新たな別の空間に移動している。太陽の周りを一回公転しても、元の宇宙空間にいるのではなく、まったく異なる別の位置に移動している。外観は「繰り返し」のように見えていても、実際は新たな空間で新たな時を迎えるのである。

25日からは第336回団体参拝練成会が始まります。紙垂替えと共に心も新たに切り替えて素晴らしい練成会になるようがんばりたいと思います。多くの皆様のご参加を心よりお待ちしております。
文・写真:竹嶋 裕之9月23日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151