日替わりコラム
専用水道
総本山での私の役割は、施設の管理が仕事です。簡単な施設の修理から複雑な機械操作までありますが、誰にでもなじみ深いものでは、水の管理があります。一般的に水道の水は、水道局(または、市町村の水道課)が貯水池から送られる水を管理して各家庭に供給していますが、総本山では、専用水道設備といって、生長の家が所有する境内地内に井戸を掘り、総本山で使用する水を賄っています。そう聞くと、水道料金がいらないと思われますが、水道局から供給される水と同じように日本の法律で定める水道法に従った安全な飲み水を供給するには、毎月水道水を検査機関で検査し衛生基準をクリアできるだけの、設備の維持費が必要となります。また、日常の塩素濃度も、毎日の測定と記録を行って安全を確認しています。過去に、専用水道を利用していて良かったと思った事がありました。それは、団体参拝練成会も開催された月の事でした。長崎県が渇水により、総本山の周辺地域も断水していましたが、専用水道設備のお蔭で、無事に練成会行事を滞りなく開催できた思い出があります。私たちの文化が、太陽の光と大地から湧き上がる水のお蔭に支えられていることを思い出して、これからも感謝の心で、水の管理をさせていただきます。
文・写真:川良 隆造9月29日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151