日替わりコラム
ゴーヤのチョーワ
涼しくなってきたので、9月後半から、グリーンカーテンにしているゴーヤの実の収穫をやめました。大きく成長した実をそのままにしておくと写真のように黄色く熟してきます。緑から黄色に変わってゆくグラデーションがとても美しいと思いませんか? 下から撮ったので短く見えますが、長さは20センチほどあると思います。先日窓の外からこんな声が聞こえました。「あっ黄色くなってる、早く穫ればいいのにもったいない… 」食べるという人間の都合だけを考えたら、その通りですね。でも、このまま熟してゆくと下の写真のようになり、中にある種の周りは赤くなっていて、とても甘いのです。鳥たちはその種を食べて、遠方に運びゴーヤのいのちを未来に繋いでくれます。ゴーヤにとってはその方が幸せなのではないかと思います。昨年、鳥たちが残した種は、下に落ちて蟻たちの栄養になっていました。蟻たちは周りだけ食べて種を残してくれました。今年も最後まで待ってから種を取って来年の苗を作りたいと思っています。ちょっと遠慮するとそんな調和ある姿が感じられて、とても豊かな気持ちになります。最後の写真は解りにくいかもしれませんが、蜘蛛の巣にゴーヤのツルが這っている様子です。これも調和している姿だと思いました。
文・写真:吉田 憲司10月6日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151