日替わりコラム
狛犬3態
私は日常の生活の中でよく神社参拝をするのですが、神社参拝の楽しさは何かと問われると多く有り過ぎてどれから答えていいのか迷いますが、まず
第一は御祭神にご挨拶をし、そのお名前を知ることと、御祭神のお働きを知ること。
第二は静かな境内の神気満つる雰囲気を全身で感ずること。
第三は鳥居の姿の美しさと、周囲の碑に刻まれた年代や由来を読むこと。
摂社・末社を参拝すること。
それから狛犬さんの姿を見ること。
鳥居と狛犬さんは神社には当たり前の付属物と思っていましたが、その姿は正に千差万別で鳥居の種類も明神鳥居(みょうじんとりい)や神明鳥居 (しんめいとりい)・靖国鳥居に春日鳥居等々数多あります。
ちなみに総本山の鳥居は明神鳥居です。
皆様の地域の神社の鳥居は何鳥居ですか?
鳥居の次ぎは狛犬さんですが、この狛犬さんの姿も又千差万別で胸を張って座っているもの・逆立ちしているもの・立ち上がっているもの等々があり、又、口を開けているものや口の中に玉を咥えているものや親子連れの狛犬さん等、見ていて本当にたのしくなります。
ここに揚げた狛犬さんは上から有田陶山神社の銅製の狛犬さん・三川内町鹿山神社の手水舎の狛犬さん・そしてどこの神社だったかなー?忘れたけれど狛犬さんです。
皆様も神社参拝の折はどうぞ、鳥居の形や狛犬さんの表情に興味を持って見てください。
そうすればきっと更に楽しくなるとおもいますよ。
文・写真:城戸 恒雄10月14日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151