日替わりコラム
新春献労
 年も明けて6日目、お正月気分も切り替えて、昨日からはお仕事が始まった方もいらっしゃるのではないでしょうか? 総本山も、3日には新春練成会も終了し、私も昨日と今日お休みを頂いております。
 新春練成会では、毎年2日の午後に献労が行われますが、今年も天候に恵まれながらの素晴らしい献労を行う事が出来ました。新年が明けてすぐに愛≠実践する本当に尊い献労作業となりました。
 事始め献労として、毎年恒例の餅つきを行いました。個(餅米)が陰(水)と陽(火)の力で蒸されて、知恵(杵臼など道具)を使い、愛(献労作業)によって一つに融け合って、新価値(餅)が生まれる。声掛け合って心も一つに繋がっていくところの、とても象徴的な献労です。画像は1,2,3と声を掛け合いながら3人でついている所です。
 餅つきと同時進行で、温故資料館周囲の土砂あげと除草を行いました。画像2枚目は、土砂あげです。猪さんが斜面の土をほじくり返して、下の側溝を埋めてしまっていました。推測するに、ミミズを穿ったのだと思いますが、この山で一緒に住んでいるのですから、このようなこともあります。「ありがとうございます」と猪さんにも感謝しながら行った献労は、新年から自然に四無量心を行ずる献労 ≠ェ出来て、除草作業(画像3枚目)もしっかりとさせて頂き、担当者としては、素晴らしいスタートになりましたことを嬉しく感じております。参加の皆様も、とても良いお顔≠されていました。
 明日からは、第347回境内地献労練成会が開催されます。餅つき≠煌ワめて様々な献労を準備して、皆様のお越しをお待ちしております。
文:吉田 憲司1月6日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151