日替わりコラム
明るい心
谷口雅春先生御著書 『生命の実相第37巻』(5頁)には次のようにあります。

『明るい心を持つには何事が起こっても怒らぬということである。何事が起こっても悲しまぬということである。何事が起こっても失望せぬということである。何事が起こっても怒らず悲しまず失望せぬためには、起こった事物は「もうすんだのだ」と知ることである。去年の暮はもう起こったからすんだのである。すんだからこそ新しい年が来たのである。木枯に散る葉があるからこそ、春に美しい若葉の美が讃えられるのである。 天地一新。悪しきことは未だかつてひとつも起こらなかったし、これからも起こらない。それはすべて一新しゆく姿である。』

「悪しきことは未だかつてひとつも起こらなかったし、これからも起こらない」「実相世界は善一元であり、全てのものは与えられ済みである。」この信念で。日時計主義を実践し、今年も一年明るい心で頑張ろうと思っています。今年もよろしくお願い致します。
文・写真:村上 満代1月8日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151