日替わりコラム
橘中佐像
先日、日本一の大門松で有名な雲仙市千々石町(ちじわちょう)の【橘神社】を参拝いたしました。
確かに大きくてその高さは鳥居よりも高くなっていました。
その宣伝効果もあるのでしょうか、初詣の参拝者は長崎県では2番目の人出だそうです。
でも私にはそのようなことよりも、御祭神の橘中佐が陸軍歩兵第34聯隊の大隊長だったと云うことのほうが親しみを感じるのです。
何故なら私も以前中佐が大隊長をしていた静岡県の板妻駐屯地で、陸上自衛隊第34普通科連隊に所属していたことがあるからです。
もっとも陸軍と陸上自衛隊の違いはありますが、同じ国を護る気持ちには違いはありません。
そんな訳でこれまでも何度か【橘神社】は参拝しているのですが、今回は特に印象深いものがありました。
それは神社に奉納されている幟に34連隊の名前を発見したのです。
隊員の有志が浄財を募り神社に奉納したのですね。
とても嬉しくなりました。
自衛隊を退職して30年以上になりますが、なにかにつけて部隊の動向が気に掛かり、後輩達はどうしているのだろうか?と思ってしまいます。
そんな訳で今回も又、中佐の銅像にご挨拶をして、拝殿で礼拝してまいりました。
中佐の銅像は長崎県出身の芸術家北村西望氏の作で、芸術性も高く美術品としても高く評価されています。
理屈抜きで一度見に行かれてはいかがでしょうか?
文・写真:城戸 恒雄1月14日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151