日替わりコラム
職員親睦旅行
 1月16日・17日と平戸市へ職員の親睦旅行に行って参りました。天候にも恵まれてとても楽しい旅行となりました。平戸市にはなかなか行く機会がないので、とても良い経験となりました。
 特に私が印象に残った事は、生月にある島の館博物館での隠れキリシタンの説明でした。禁教の時代において潜伏した信徒達は隠れキリシタンと呼ばれ、仏教徒として振舞いながら、信者はひそかに聖像聖画などの聖具を秘蔵し、生まれる子に洗礼を授けるなどして信仰を守り、240年もの長い年月、先祖代々信仰が続いてきました。
 キリスト教解禁後もカトリックには復帰をせず、土俗化した信仰を保有して今に至っているとの事で、民家を再現した様子は仏教・キリスト教・神道と、まさに万教帰一の信仰だと関心しました。伝統の持つ力はすごいなと思いました。
 親から子へ、子から孫へと信仰が伝わって行き、今も絶やすことなく受け継がれており、私も子供達に生長の家をしっかり伝えようと思いました。

 美しき海を眺めて平戸市へ
文・写真:日向 光春1月21日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151