日替わりコラム
炭焼き始めました。
本日より、炭焼きを始めました。今年は1月後半に出来なかったので、2月にすることになりました。気温は2月の方が寒いので例年とは微妙に違うかもしれません。
初日の作業は、炭材の搬入口に大きな石のフタをして、周りの隙間を小さな石で埋めます。(はじめの画像)さらにその上から、赤土を練り上げたものをハンバーグを作るように空気を抜いて小判方にし、投げて打ち付けます。このことによって隙間に赤土の粘土が入り込み、しっかりと空気を遮断してくれるのです。(2枚目の画像)
左官のように粘土の表面を美しくした後は、赤土を水に溶かしたたらし≠藁で作った刷毛で鞭のように打ち付けます。このときはたらし≠ェ顔に、体に跳ね返ってきます(笑) このような作業が約一時間ほどで終わって、ようやく火を入れました。(3枚目の画像)
約3日間は、火を絶やさないように火の番と、粘土が乾いて空気が逃げないようにたらし≠行います。今回もいい炭が焼けるように頑張ります。
文・写真:吉田 憲司2月26日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151