日替わりコラム
体を大切に
谷口雅春先生御著書『霊供養入門』(234頁)には「肉体は現実界での作業服」と題して次のようにあります。
『われわれは「死ぬ」というけれども、実際は、霊魂は生き通しであるから第一義的には「死」はないのである。ところが、「現象的」にいうと、われわれの霊魂は「肉体」という、一種の地上生活の作業服≠着て地上へ天降って来る。そして地上生活の任期≠終えると、この「肉体」という作業服を脱いで、そして霊界へ行く。』

 このように肉体は地上生活学校で生活するための作業服と教えて頂いております。又、生長の家では、「神の子の使命は、この現象界で神を表現すること」と教えられております。私は最近、神の子として神を表現する為には健康であることが大切≠ニ感じる機会が度々ありました。そして今は、必要な時にはいつでも動ける自分であるように、体を大切にして、いつも体調を整えておかなければと強く思うようになりました。
文・写真:村上 満代2月28日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151