日替わりコラム
樹齢?年
先日郷里佐賀県の武雄市に鎮座する【武雄神社】を参拝いたしました。
駐車場から一の鳥居二の鳥居と続く石段を登る参道を登ろうか、と思いましたが迂回する車道があったのでそちらを利用することにしました。
社殿への道を登りはじめたその時、参道脇に大きな檜の木が2本並んで立っているのが見えました。
木の幹には注連縄が張ってあり、御神木として大切に扱われていることが覗えました。
よく見ると2本の木の根元が複雑に絡み合い
「絶対に離れないぞ」
とでも言っているようでした。
そして上を見ると何と、幹から伸びた枝が隣の木の幹に入り込み一体になっているのです。
「何て仲が良いんだろうね」
と妻と語り合いながら檜の幹に手を当てて仲の良さを分けてもらいました。
そしてフッと思ったのです。
(この木は樹齢何年ぐらい何だろう?)
幹の直径は150p以上ありそうだから樹齢300年は越えているのかな?
そうするとこの木は300年以上仲良く寄り添っているのかな?
(う〜ん素晴らしい!!)
(こんな仲良い夫婦になれたら言うこと無いな・・・)
とつおいつこんなことを想いながら社殿へ向かいました。
(あやかりたい・あやかりたい)とつぶやいて
文・写真:城戸 恒雄3月4日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151