日替わりコラム
困難に戯れて
谷口雅春先生御著書 『真理』第1巻・114頁には「諸君は瓦(かわら)であるか、珠であるか」と題して次のようにあります。

『世の中に何が楽しいと云っても、自分自身が伸びている−と云う自覚ほど楽しいものはないであろう。困難に逢(あ)う毎に、諸君は自分自身が伸びるのであると思え。新たなる責任が加わる毎に、自分自身が伸びる機会であると思え。自分自身が人造ダイヤモンドか本当のダイヤモンドかは、強烈な日光に触れるとき、偽物の方は次第に光輝を失って、本物のダイヤモンドのみがいつまでも光輝をもちつづけるで判るのである。強烈な試練があるので、諸君は自分自身が他よりも傑出していることを証明する機会を得るのだ。本当のダイヤモンドが何時までもニセ物と混同されていては詰らないではないか。それが選り分けられるのは困難の時に於いてのみである。瓦か珠か、それを選り分けてくれるのは諸君に一層重い責任のかかった時である。』

総本山に奉職して長くなると段々責任のある立場になり、プレッシャーを感じたりすることが多くなりました。しかし、このような真理の言葉に励まされいつも力を頂いています。
文・写真:村上 満代5月18日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151