日替わりコラム
曇り空に感謝
総本山の7月は献労の月でもあります。数日前、総本山職員で田んぼの草取りを行いました。以前田んぼの献労を行った時は太陽の日差しがきつく、日陰がないので大変だった記憶がありました。しかし、今回はちょうど良い具合に曇り空の天候で、風もあり献労するには絶好の天候でした。必ずしも晴天が好天とは限らないわけですね。

総本山の早朝行事では、谷口雅宣先生御著書の「日々の祈り」を拝読していますが、先日私が先導を担当した時、その中の“曇り空を感謝する祈り”を拝読しました。

以下はその御文章の一部です。

「人生が万事自分に好都合ならば、挫折する人々の気持を知ることはできない。彼らの悩みを知り、ともに光へと進む菩薩行の喜びを味わうことはできない。山の頂上で常に太陽を見ている人は、雲の中の登山道を一歩ずつ上り、ついに光に満ちた青空を見る人の喜びを味わうことができない。曇天は青空への案内人であり、晴天の使者である。そのことに気がつけば、人生の曇天もまた好都合なり。」

私は大学の時不登校になり一度人生を挫折しましたが、その失敗のお陰で生長の家に触れ、そして正しい道へと導かれていきました。今考えるとその経験があったお陰で同じような境遇の人たちの気持ちが分かります。

まさに“人生の曇天もまた好都合なり”ですね。
文・写真:竹嶋 裕之7月23日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151