日替わりコラム
黒島のお話です。
黒島のお話です。
黒島と云えば棟梁「前川佐吉」による【黒島天主堂】が有名ですが、観光名所ではありませんがその場所に行くと心が浄化されるような神社や霊場があるものですね。
黒島に着いて最初に眼に入った【黒島神社】と【金比羅神社】を参拝したのですが、石造りの祠が並ぶ【金比羅神社】は境内に足を踏み入れた途端鳥肌の立つような感覚におそわれました。
どう表現していいのか迷うのですが、喩えて云えば神様に抱かれたとでも言いましょうか浄らかなそして安心できる親元に帰ったような感覚なのです。
見た眼には苔蒸した古い石の祠が並んでいるだけなのですが、その奥には人々の信仰心が詰まり神様に護られている霊場なのだなと体感することができました。
すぐ横の【黒島神社】は地元の氏神様で柔らかい暖かい雰囲気の素晴らしい神社でした。
ここ黒島は人口の八割がカトリックの信者だとのことですが、その中で宗派を越えて島を護り人々を護る神様のお働きがよくわかる場所でした。
前回(14日)のコラムに書いた○○さんもカトリックの信者さんで平戸の紐差からお嫁に来てもう50年以上になりますとの事でした。
黒島は心の温かい優しい人の島でした。           そして信仰心の篤い人の島でした。また行きたいです。
文・写真:城戸 恒雄7月24日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151