日替わりコラム
壮大な自然の芸術
 先月、父の実家の墓参りのため、子供3人の内、下の2人とともに島根県出雲市と松江市の2箇所に行きました。それぞれ墓の周りの草を抜き綺麗にして、お花とお線香、果物やお菓子をお供えして、ご先祖様にご挨拶しました。何となくご先祖様が「良く来たね」と喜んでいる気がしました。
 帰りに山口県萩市に泊まり、翌日、美祢市にある秋芳洞に向かいました。その日は炎天下で、午前9時前にもかかわらず道路沿いに設置してあるデジタル温度計は35℃を表示していました。
 まだ観光客もまばらで、空いている有料駐車場に車を止め、照りつける太陽に背中を焼かれながら、洞窟入口迄のお土産店を歩くこと10分、ようやく入口に到着。入場券を買って中に入ると、まだ洞窟入口前だというのに、エアコンの効いた部屋に居るような涼しさに癒されました。
 むかーし、昔、いつ頃だったかも忘れましたが、私は一度この秋芳洞を訪れたことがあります。しかし、訪れたという記憶以外殆どありませんでしたので、入ってすぐに、その大きさにびっくり。自然の営みはかくもこのように壮大なトンネルを造りあげたものだと感心しました。写真は携帯電話で撮影した「千枚皿」です。棚田のように石灰が固まった形のもので、ゆっくりゆっくり時間をかけてここまで成長したとのこと、その他にも、「黄金柱」や「マリア観音」など自然が作り出した芸術を堪能しました。
 帰りはバスに乗っても戻れましたが、エコと暑さを考え、私達は元来た1kmの道を引き返しました。洞窟から出たとたんムアッとする暑さに思わず「あつー!」と叫んでしまいました。しかしすぐに洞窟に入る前、此処で癒されたことを忘れて不満を口にした自分を反省しました。同じ場所、同じ環境でも入るときと出るときで、こうも感じ方が違うのかと思いながら帰路につきました。
文・写真:錦織 義記9月7日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151