日替わりコラム
知らなかった〜!!
先日テレビを見ていたら「落花生」を何故「落花生」と云うのかと云うことを解説していました。
それを見て妻と二人顔を見合わせて「え〜、知らなかった〜」と声を上げてしまいました。 「落花生」の生産農家の方は当たり前の常識だと思いますが、今まで生産に携わったことのない私達夫婦には新鮮な驚きでした。
と云いますのも私達夫婦は二人とも「落花生」は地下に張り巡らせられた根に出来るものと思っていたのです。
ところが解説によりますと、「落花生」は花が咲き、その花の根本から地面に向かって蔓が伸びて行き、更に地面に入り込み、そしてその地面の中で蔓の先端に実を付ける。
その実が「落花生」だと云うのです。
「花から落ちて生る」本当にその通りだなと、夫婦二人共納得して感心いたしました。
今までは「落花生」が葉を付けたまま畑から抜き取られ天日に干されているのを見て、根に付いているものと思い込んでいましたが、花から伸びた蔓の先に実が付いているとは、本当に知らないものは何歳になっても知らないものだな〜とあらためて思いました。
あの美味しい「落花生」にこんな秘密があったなんて、テレビで一つ利口になりました。ありがとう。
文・写真:城戸 恒雄9月24日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151