日替わりコラム
大ナメクジ
 徒歩で早朝行事に通っておりますと、時にビックリする事が多々あります。イノシシの親子に遭遇したり、狸や野ウサギにも出会います。総本山で共に生活する動物達は私たちの仲間ですが、突然現れるとビックリします。
 
 先日も道を歩いていると、枝かと思いきや、かなりスローペースで進む生き物を発見しました。前進ヌルヌルしており、見た目もかなり気持ち悪いです。「君は何者だ」と問いかけても答えてくれません。カメラを向けても全く気にせずスローペースで、何かに向かって前進しています。大きさは20p位あり、通行の邪魔になります。触る気にもなりません。存在の意味を考えてしまいました。

 この生き物は「大ナメクジ」だそうです。ナメクジがこんなにも大きくなるのかとビックリしましたが、神様の世界は多様性が神の御心であり、大ナメクジも大切な仲間です。自分の立場では理解出来ないだけで、自然界は一つにつながっていて、生かし合い、助け合っています。「四無量心を行ずる神想観」にあるように地球のすべての生物や鉱物をも含めて愛を行ずる事が大切で、「大ナメクジ」にも愛の心を起こそうと思い、通行の邪魔になる物をどけてやりました。ちょっとだけ嬉しくなりました。そしてスローペースで進む大ナメクジを見て、ちょっと急ぎすぎていないか脚下照顧しました。大ナメクジさん色々教えてくれてありがとう。

 ゆっくりと大ナメクジは前進す

 
文・写真:日向 光春10月11日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151