日替わりコラム
秋ですね(*^_^*)
合掌 ありがとうございます。
毎月6日(一般練成会中)に「日時計主義の実践」の行事があります。私は絵手紙の発表を担当させていただきますので私も絵手紙を描きました。秋の味覚(^o^)栗を描きました。描いた栗は温故資料館前の参道に落ちていた山栗です。
6日の昼食は栗ご飯でした。栗ご飯の栗は総本山の栗園で育てた栗を収穫したものです。今年は豊作でたくさんの栗を収穫しました。絵手紙の栗を描きながら気付いたのですが、栗はイガの付き方が面白いと思いました。総本山の栗はイガは密集していたので栗のトゲはイガからそのままトゲが縦横無尽に出ていると思っていました。2枚目の写真です。
山栗(3枚目)のイガを見ていたらイガから一つの枝(?)の様な物がありそこから何本ものトゲが出ていると言うことに気づきました。良く見たら育てた栗のイガも同じように短い枝のようなところからたくさんのトゲが出ています。
絵を描くのに観察する事で感覚主義の右脳が少しは働いたかなぁと思いました(^_^)v
文・写真:上村 アリ子10月12日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151