日替わりコラム
自然を深く感じる
秋といえば、食の秋、スポーツの秋ですが、登山をするにも絶好の季節です。ということで先日、「体育の日」に妻と二人で登山に行ってきました。長崎市内にある岩屋山という山です。

登っていると樹齢数百年はあろうかという大きな杉の木が何本もありました。その杉の木に何気なく触れてみると新感覚でした。その木の表面に触れていると、そこから何とも言えない、長い年月をかけて積み重なった年輪の重みというか、生きている生命を感じました。生きているんだと実感しました。

標高はあまり高くないのでスムーズに登ることができました。頂上は広々として見晴らしが素晴らしく長崎市を一望出来ます。天気も秋晴れで気持ちが良い一時を過ごしました。

今回は頂上からの景色を絵手紙に描いてみようと思い水彩セットを持参して登りました。見ているだけでも良い景色ですが、描いているとさらにその景色を味わうことが出来たように思います。(下の写真)

自然を深く感じた一日でした。
文・写真:竹嶋 裕之10月13日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151